当事務所は、貴方の何でも相談室

相談は無料です! お気軽にお電話ください。

                 法律はあなたの暮らしを支えます。

               法律はキライ!ではキケンが一杯です。

               大変なことになる前に是非ご相談下さい! 

*最新*              経済的な悩みに漬け込み闇金・・・・

    新型コロナ禍による

          新型闇金が全国に蔓延中 

【給与ファクタリング】知っていますか?

 『給料前借サービス』として、給料明細書・運転免許証を提供させられます。

   *借金せずに即日現金化

   *最短30分 金融ブラックOK 通過率96%

   *来店不要

            *インターネット上でも簡単、即日入金。利息無料。 

           しかし、実態は!

            *法定金利10倍以上

            *貸金業無登録(金融庁が指摘)

            *返済が滞ると罵声・家族や会社への連絡。執拗な取り立て。

  

           絶対に手を出さないでください!

         被害にあわれましたらすぐにご相談ください!!  

 

<プレパス協賛店です!

 

 

 当事務所はプレミア・パスポートの趣旨に賛同し加盟いたしました。

 

 当事務所は一人でもお子様(20歳未満)がいらっしゃれば報酬額を

 

 10%割引いたします。

    

    子育て家族を応援いたします!

 

【絆レター】復活しました。

 

 

 約3年ぶりに絆レターを復活しました。

 毎年、数多くの法律が改正されていますが、今年は特に私たちの生活に大きな影響を与える法律の改正がありますので皆様の情報提供をさせていただく、発行するはこびとなりました。

 

 皆様の身近な問題・・・起きてしまう前にお気軽にご相談をしてみてください。

 

    

 

こんな心配ありませんか?

 

  令和2年7月10日から

 

       遺言書制度 が大きく変わります。

 

       ★ 自筆遺言書が安心・簡単に利用しやすくなります 
     ★ 費用が格段に安くなります。
    ★  公証人費用がなくなります。

                  証人不要でお礼・謝礼が不要になります。

    ★ 国が確実に保管し・秘密厳守が保証されます。
    ★  本人以外誰も内容を知ることができません。
    ★  遺言書の保管場所を失念することが無くなります。
     ★  遺言書の内容を失念しても大丈夫 確認が容易にできます。
     ★  家庭裁判所での検認手続き不要
      ★ 自筆遺言書でも検認不要です。
 
    新しい遺言書保管制度について詳しく説明しますね。
 
 今年7月10日から、新たに法務局に遺言書を預ける遺言書保管制度が始まります。
 この制度を利用することにより、今までとは格段に自筆遺言書が安全・確実・便利なものになり、しかも

 安い費用で作れるようになります!

 今までは、遺言者が亡くなって相続人が遺言書を使い、相続手続きを開始しようとしても、公正証書遺言書でな

 い限り、家庭裁判所に相続人全員が集まり検認手続きをする必要がありました。

  公正証書遺言書をするには、証人が二人必要であったり、戸籍謄本・預金通帳・不動産登記情報・固定資産税評

 価証明書等様々な書類を提出しなければならなかったり、公証人費用が最低数万円必要でしたが、これが必要な

 くなりました。

  証人がいらないので秘密を守ることがより確実になりました。
 
 遺言書の保管も国が責任をもって保管してくれますので、所在不明の心配もなくなりました。
  今まではせっかく書いた遺言書を相続人などにより、廃棄、隠匿、改ざんされることがありましたが、こ

 れが完全に無くなりました。
 
  保管を申し出ることができる法務局は、本人の住所地若しくは本籍地又は本人が所有する不動産の所在地を管轄

 する法務局(正式には遺言書保管所)になります。
  保管を申し出る遺言書は、法務省が定める様式に従ったものでなければなりません。この作成した自筆遺言書と

  申請書を法務局に提出することになります。
    申請書には、遺言者の氏名、生年月日、住所及び本籍を書きます。
   その他、遺言書に指定があれば、下記を加えます。
   受遺者の指定がある場合にはその者の氏名住所
    遺言執行者の指定がある場合にはその者の氏名、住所
    その他、規則に定められる事項となります。

   本人が必ず、法務局まで出かける必要があります。代理人を立てることはできません。あくまでも本人の意

   思のみを尊重する事になっています。
 
    内容を忘れた場合にはいつでも閲覧をすることができます。
    但し、遺言者が生存中は何人も閲覧することはできません
 
    本人死亡後50年間保管されます。

  但し、法務局では遺言の内容についての相談には乗ってくれません。内容の正確性や、法律上の整理、どの様な

 遺言にするかなど、遺言書の内容相談は当事務所でお受けいたします。

  相続開始後に限り相続人は法務局に遺言書情報証明書の交付を請求できます。法務局は交付した事実を相続 

 人、受遺者、遺言執 行者等に通知することとなっています。

 

 

    「素朴な疑問?? お答えします!!」                                                             

1 遺言書を預けた後は、どうすればよいのですか??
A1 法務局では、遺言書の保管を誰にも知らせることはありません!

   家族には遺言書を預けた事を知らせておいた方が良いと思います。

 

 

Q2 家族(相続人)には財産を渡したくないのですが・・・

   どうすればよいですか?

A2 貴方が財産を残したい人(個人又は法人で遺言書にその名前を書いた人)

   にだけ保管のことを伝えておけばよいと思います。

 

 

Q3 保管のための手数料はどのくらいなのですか。どのように収めるのですか
A3 手数料はまだ決まっていません。納める方法は収入印紙で納めます。

 

 

Q4 遺言書を保管所に預けたら、受付番号などを付与されるのですか
A4 特に受付番号などを付与されるということはありません。


 

Q5 今、施設に入居中ですが、それでも本人が出向かなければなりませんか? 
A5 必ず、本人が法務局に出向いて、担当官と面接しなければなりません。

    これは、遺言書の閲覧請求をする時も同じです。

 

 

Q6 自宅の住所で、保管申請をしたけれど、近く施設に入居予定です。
    住所変更も本人が出かけなければなりませんか?
A6 住所変更は、変更を証明する公的書類などを添えて郵送でも可能と思わ

   ます。

 

 

Q7 遺言書情報証明書が必要になるのはどんな時ですか?

A7  遺言書情報証明書が必要になるのは遺言者が亡くなった後、遺言書に従

   って相続をしようとする時です。

   遺言書情報証明書は遺言者が亡くなってからしか発行されません。

 

 

Q8 遺言書の保管の有無を知らないままに被相続人が亡くなってしまいました。

   こんな時法務局に、遺言書の保管の有無を教えて貰うことができますか?

A8 何人も、法務局に遺言書保管事実証明書の交付を求めることができるように

   なっています。

 


Q9 被相続人が、遺留分を侵す遺言をしていました。

   遺留分を請求できますか。
A9 遺言書保管制度はあくまで、遺言書を保管する制度です。

   相続に関する法律の規定には何ら変更ありません。

   当然に遺留分の主張は可能です。

 

                  

 

  

公正証書遺言作るの難しいかな??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご安心ください。

 司法書士が貴方の想いを

 遺言書に残すお手伝いをいたします

 

 

妻や子供に名義を替えたい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご安心ください。

 贈与税のことも考慮しながら

 貴方の想いを実現します。

 

 

 

 

 


「法定相続情報証明制度」が始まりました!

成年後見の未来に備えて

日本加除出版株式会社が不定期で発刊する「法の苑」に「成年後見要制度利用者500万人時代に備える(前篇)」と題した論文を寄稿いたしました。


 成年後見制度にお悩みの方 

  お気軽に御相談下さい

** 被災された皆様、避難されている皆様へ **

 

石川県司法書士会からのお知らせです。

 石川県司法書士会では、東日本大震災で被災された皆様や、東京電力福島

原子力発電所事故により避難されている皆様などを対象としたご相談につき

無料相談を随時実施しております。

 なお、東京電力福島原子力発電所事故による損害賠償につき、個別の

ケースによっては最短で事故発生から3年の経過をもって一切の賠償が

されなくなる可能性もあります。

 

石川県司法書士会総合相談センター

 電話相談 076-292-8133(平日10時~16時)

 

 面談相談(要予約)076-291-7070(予約専用ダイヤル)

  ■金沢地区:毎週水曜日18時~20時

  ■加賀地区:随時受付

  ■能登地区:随時受付

      

 

きなり司法書士事務所(司法書士 喜成清重)

〒921-8013 石川県金沢市新神田四丁目4番6号

電話 076-291-2090  / FAX 076-291-4761

営業時間 平日 9:00~17:00